logo
Home

ラ ラ ランド あらすじ

See full list on cinemarche. どうも、夏蜜柑です。 WOWOWで放送された映画「ラ・ラ・ランド」を見ました。 アカデミー賞6部門など数々の賞を受賞した、いわずとしれた年の話題作です。もうさんざん語り尽くされているので今さらですが、やっぱり良か. 出典:映画『ラ・ラ・ランド』公式Twitter 本作での名シーンといえば、ミアとセブがパーティを抜け出し、ハリウッドの街に沈みゆく夕焼けが見える丘でタップダンスを踊るシーンですよね。この非常にロマンチックなシーンは、並々ならぬ俳優たちと撮影班のこだわりと努力がありました。文字通り幻想的で美しいあの夕焼けは、一見するとCGに見えますが、本物の夕焼けで撮りたいというチャゼル監督たっての希望で、CGを使わずあのシーンを撮ったのです。夕焼けが最も美しい時間は2日で30分ほどしかなかったそうです。その時間内にダンスシーンをすべて撮らないといけないので、主演のエマ・ストーンとライアン・ゴズリングは、1日にたった5回しか撮れないという緊迫感のある撮影だったそうです。. (C) Summit Entertainment, LLC. 10 hours ago · 本作は、現代のロサンゼルスを舞台に、女優志望のミア(エマ・ストーン)とジャズミュージシャンのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)が夢を追い求める甘く切ないストーリー。. 事前に公式予告動画での予想に反して、ミアとセバスチャンはお互いの夢を尊重し、人生を「前進する」ために、別れを選択するという切なすぎるハッピーエンドで終わりました。一旦関係が保留になる中、ミアはハリウッド女優として成功し、セバスチャンはロスに自分のジャズバーをオープンさせるといういう夢を達成しました。 いわば、物理的な面では、完全に彼らは「アメリカン・ドリーム」的な夢をつかんで大成功したわけです。それでも、ジャズバーを後にするミアを見送るセバスチャンの寂しげなラストシーンの表情が、忘れられません。名シーンだったと思います。 大成功し、結婚して子供にも恵まれ、物心両面で幸せになったミアに対して、ほろ苦い喪失感を伴う「不完全な成功」に終わってしまったセバスチャン。 キャリアの成功と人間関係の充実はトレードオフなのか、それとも両立しうるのか非常に考えさせられました。(というか、キャリア上の成功をまず収めるのも本来は難しいので、贅沢な悩みなのだけれど). 映画『 ラ・ラ・ランド 』はロサンゼルスを舞台に、二人の男女が恋愛とそれぞれの夢、葛藤を歌い踊るミュージカルだ。 。アカデミー賞をはじめ多くの映画賞に輝いた本作は、同時に全世界で賛否両論を呼んだ一本でも. See full list on blog.

出典:映画『ラ・ラ・ランド』公式Twitter 舞台はロサンゼルス。高速道路は大渋滞でクラクションが鳴り響く。この物語の主人公であるミアもその渋滞につかまっている一人だ。彼女はオーディション会場に向かう途中で、台本を暗唱している。その時、後ろの車のセブからクラクションを鳴らされ、さらにイライラが募る。 ある日、オーディションに落ちたミアは家に帰ると、ルームメイト達がクリスマスパーティーに行く準備をしていた。最初は乗り気でなかったミアも誘われるまま付いていく。セレブたちに顔を売るために参加したはずが、ここでもうまく行かず、車もレッカーされてしまうという散々な目にあう。 沈んだ気分で帰路につくミアは、あるバーからジャズピアノが流れてくるのを聞く。その音楽に惹かれるようにバーに入るミア。ピアノを弾いていたのは渋滞でクラクションを鳴らしてきたセブだった。セブはクリスマスソングを弾くことに嫌気がさし、契約を無視し、勝手にジャズ(Mia & Sebastian’s Theme)を演奏していたのである。曲に惚れ込んだミアは彼に話しかけようとするが、曲目通りに演奏しなかったことで解雇されたセブは. 「ラ・ラ・ランド」を今すぐ視聴できます。みどころ・あらすじも併せて確認。dvdをレンタルせずに高画質な動画をみませ. ラ・ラ・ランドのあらすじ(ネタバレあり) 「ラ・ラ・ランド」は高速道路の渋滞シーンから始まります。 渋滞にイラついているミアと、後続の車を運転していたセブ。 踊りたくなるようなオープニングナンバーが流れ、 「ラ・ラ・ランド」は幕を切り. 出典:映画『ラ・ラ・ランド』公式Facebook 2人はめくるめく日々の中でデートを重ね、愛を育んでいく。しかし、2人とも夢へはまだ遠い。セブは開業資金を貯められずにおり、ミアは相変わらずオーディションに落ちる日々だ。彼女はセブの助言で、一人芝居の脚本を書き始める。ミアはセブの店の名前を”Seb’s”にしようと提案するが、チャーリー・パーカーを尊敬するセブは、彼がチキン好きなことからとった”Chicken On A Stick”という店名を譲らない。 同じ頃、セブは旧友キース(ジョン・レジェンド)と再会し、バンドに入らないかと誘いを受ける。しかし、それはセブのやりたい音楽ではなかった。キースはチャーリー・パーカーやマイルズ・デイビスを引き合いに出し、ジャズという革命を起こした先人達も新しいことに挑戦したはずだと説得する。彼の力説に折れたセブは、店の資金集めという名目でバンドに加入することになる。 彼らのバンドの初披露を見に行ったミアは、これはセブのやりたかった音楽ではないと感じ、自分の夢に向かって突き進んでいたあの頃のセブと重ね合わせ、落胆してしまう。奇しくもバンドは大成功するが.

7 hours ago · ディミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン出演のミュージカルエンターテインメント「ラ・ラ・ランド」が、「Dolby. . <映画「ラ・ラ・ランド」予告動画> 動画がスタートしない方はこちらをクリック 【監督】デイミアン・チャゼル(「セッション」) 【配給】GAGA/ポニーキャニオン 【時間】128分 若き天才、デイミアン・チャゼル監督が名作「セッション」に続き、彼の得意分野「ジャズ」を絡ませたミュージカル映画はゴールデン・グローブ賞7部門受賞、アカデミー賞6部門制覇など、各方面から絶賛。アカデミー賞では、作品賞こそ逃しましたが、主演女優賞、監督賞を獲得するなど下馬評通りの強さでした。. ストーリーを紹介してゆきましょう。 話の内容としては大きな夢を持つ2人の男女が結ばれ、共に応援し合うが、夢を叶える途中で2人の関係性にも危機が迫るという内容です。. 映画『ラ・ラ・ランド』あらすじ 女優の卵のミア(エマ・ストーン)と、ジャズ・ピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)は、何度かの偶然の出会いを経てお互いの夢を語り合う仲となり、やがて恋に落ちる。. デイミアン・チャゼル監督は、初来日を果たした記者会見の席で、自ら何度も「愛を込めて作った」、「優秀な撮影チームと一緒に仕事が出来て、今も夢の中にいるようだ」と語りました。 もともと、彼は大ヒットした前作『セッション』よりもずっと前、ハーバード大学在学中にアイデアを思いついていたのです。 とはいえ、監督の思うように制作プロセスが進めず、映画の企画は先送りになっていました。 夢の企画が動いたのは、才能の溢れる俳優ライアン・ゴズリングと出会い、さらには歌唱力のあるエマ・ストーンの参加によって、夢が実ったのが最新作『ラ・ラ・ランド』なのです。 さて、この映画のポイントを大きく3つあげると、「1. ラ・ラ・ランド の解説・あらすじ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間やフォトギャラリーなども。. ダンスやミュージカルでも有名な『ラ・ラ・ランド』ですが、ライアン・ゴズリング演じるセブのピアノとジャズの演奏や歌声もクールでステキ!ジャズの歴史を知れたり、ジャズの聴ける店を開こうと努めるセブの姿に惹かれたりと見どころ満載です。もちろん、エマ・ストーン演じるミアの.

この記事では映画ラ・ラ・ランドのあらすじや感想、無料で見る方法を紹介します。 結論から言うと、ラ・ラ・ランドはおすすめ度MAXです! ラ・ラ・ランド作品情報 制作年:年 制作国:アメリカ 受賞歴:アカデミー賞監督賞、主演女優賞などを. 日本に初来日したデイミアン・チャゼル監督は、ライアン・ゴスリング(13年ぶりの来日)とは、息の合ったツー・ショット記者会見の様子でした。 この作品が『雨に唄えば』や『オズの魔法使い』と同じレコーディング・スタジオで録音が行われたことを、ライアンの教えてくれたリト、トークを先走って話す監督のお茶目な一面に会話の花咲かせていました。 最後になりますが、デイミアン監督が愛してやまない「ミュージカル映画」そして「ジャズ」。どちらも現在では、”下火になってしまったジャンル”です。 だからこそ、この作品は輝かしき頃の「ミュージカル映画へ哀愁ではなく、演劇でもない」とあえて語り、スタッフチーム一丸となって、「みんなが分かるような作品にした。バランスを話し合った」と、愛を持って自作を語っていました。 ラ ラ ランド あらすじ デイミアン・チャゼル監督の最新作『ラ・ラ・ランド』は、いよいよ年2月24日全国ロードショー。 米国アカデミー賞発表前と盛り上がりも最高潮!ぜひ、デイミアン監督が話していたように、映画館で観て、誰かと一緒に会話をシェアしてほしい作品です! ぜひ、お見逃しなく!. . 今回ご紹介する映画は、『ラ・ラ・ランド』です。 年に公開され大ヒットを果たし、アカデミー賞をはじめ、あらゆる映画賞を総なめにしたミュージカル・コメディ映画です。 作品情報・あらすじ・見どころ・感想などを解説していきます。.

ラ・ラ・ランド()の映画情報。評価レビュー 23540件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ライアン・ゴズリング ラ ラ ランド あらすじ 他。『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。. 動画視聴で楽天ポイント貯まる楽天TV(Rakuten TV)!【ラ・ラ・ランド】ドラマ映画の洋画。【あらすじ】夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指して. 「ラ・ラ・ランド」を初めて映画館で観たのは、年の1月8日。 冒頭の圧巻シーン!舞台はひどい渋滞でピクリとも動かないロサンゼルスの高速道路。 車から人々が飛び出し、カラフルな衣装で歌って踊ります。. ミアはオーディションに合格し、ハリウッド女優として成功しつつありました。別の夫と結婚し、子供も生まれていた。一方、セバスチャンも自分の原点だった「ジャズ・バー」を開く、という夢を実現していました。その日、ミアは夫と二人でハリウッドのイベントに出かけ、その帰り道、渋滞に捕まり高速道路を降りて、街中でディナーを摂ったあと、車に乗り込もうとした矢先、聞き慣れたジャズが耳に入ってきた。見に行くと、そこには「SEB’S」という看板がかかっていた。 ラ ラ ランド あらすじ そして、ちょうど中ではセバスチャンがこれからピアノソロを演奏するところでした。セバスチャンは、二人の思い出の曲「CITY OF STARS」を演奏しながら、空想に入っていきます。二人が出会ったクリスマスの「曲を聴いて」と二人は出会うやいなやキスを交わし、セバスチャンはキースと会話すらもしなかった。満員となったミアの一人芝居の舞台の最前列でスタンディングオベーションをするセバスチャン。ミアがパリに行くとセバスチャンも一緒にパリに渡り、セバスチャンはパリで演奏家として仕事を始め、ミアと結婚して子供も授かった。そして、ミアとジャズバーに出かける幸せな日々だった。 そこで、空想は終わり、セバスチャンの演奏も終わった。ミアは「もっと聴くかい?」と尋ねる夫と静かに席を立ち、ジャズバーを後にした。出ていく時、後ろを振り返ったミアに、寂しそうに微笑むセバスチャンでした。 以上、映画「ララランド」の詳細あらすじ解説でした。.

ラ・ラ・ランドはミュージカル映画として高い評価をされて注目を浴びた作品です。主演を務めたエマ・ストーンやライアン・ゴズリングはそれぞれ賞を受賞するほどの好演でした。しかし、実際にラ・ラ・ランドを鑑賞した方の感想は評価が分かれるものとなっていました。なぜラ・ラ. See more results. ミアは、あるプールパーティでふたたびセバスチャンを見かける。プールサイドのお遊びパーティバンドで、変な格好で演奏中だったセバスチャンたちに、「I RAN」をリクエストするのだった。 演奏終了後、セバスチャンはミアに話しかけた。プロのミュージシャンに「I RAN」(のようなチャラチャラした曲)はNGだと言い張った。ふたりはあまり友好的とは言えない状況の中で、自己紹介をするのだった。 パーティの場で、ミアはうさんくさい脚本家にしつこく話しかけられていた。ミアは、その場から逃げ出すため、通りかかったセバスチャンと一緒に会場を出た。そのまま駐車場のサンセットが見えるスペースまで移動して、二人は夜景見ながら会話と踊りを楽しんだ。(サントラ4「A LOVELY NIGHT」)踊り終わると、ミアのボーイフレンド、グレッグから電話がかかってきた。 その後も、ナースや警察官など慣れない役どころのオーディションを受け続けるミアだったが、相変わらずハリウッドのコーヒーショップで働いていた。そこへ、ある日突然セバスチャンが尋ねてきた。 バイトが終わった後、ハリウッドの界隈を散歩して歩く二人。ミアが叔母. 簡単なあらすじ1) ロサンゼルスで、女優の卵であるミア・ドーラン(エマ・ストーン)はカフェでバイトをしながらオーディションを受け続けるも、合格することはなかった。一方、ジャズピアニストのセバスチャン・ワイルダー(ライアン・ゴズリング)は自分. See full list on eiga-watch. 映画「ラ・ラ・ランド」の掲示板「小学生が観ても大丈夫?」です。具体的な内容に踏み込んだ質問や議論などはこちらで. More ラ ラ ランド あらすじ videos.

二人の交際は順調でした。ミアは、セバスチャンの提案で自分で脚本を書くようになっていました。秋に、一人芝居の舞台を企画してました。二人がデートする時は、セバスチャンが家の外でクラクションを鳴らすのが通例になってました。二人は、行きつけのバー「LIGHTHOUSE」へ行き、セバスチャンはいつか自分のバーを持ち、経営したいと熱く夢を語りました。セバスチャンは過去のジャズバンド仲間、キースから声を掛けられます。ミアは、キースのために店名とロゴを(SEB’S)を提案したが、セバスチャンは「CHICKEN ON A STICK」という名前にこだわります。伝説のジャズ・ミュージシャン、チャーリー・パーカーが鶏肉が好きで付いたあだ名「バード」にちなんだ名前にしたかったのでした。 ラ ラ ランド あらすじ その夜、二人は「CITY OF STARS」をデュエットで歌いました。翌日、ミアのためにも、セバスチャンはキースのバンド「メッセンジャーズ」に入ることを決めます。それはセバスチャンの目指す古き良きジャズとは大きくスタイルが異なっていたが、稼ぐために割り切りました。ミアは、セバスチャンのバンドのライブに行くと、ちょうど「START A FIRE」がかかっていた。モダンで若者好みの音楽性に、とまどうミアでした。. 【公開】 年(アメリカ) 【脚本・監督】 デイミアン・チャゼル 【キャスト】 ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ、ローズマリー・デウィット、J・K・シモンズ、フィン・ウィットロック、ジョシュ・ペンス、ジョン・レジェンドキース 【作品概要】 『セッション』で注目の的になったデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン共演で描いたミュージカル映画。 第89回アカデミー賞ノミネート発表!「ラ・ラ・ランド」が最多14ノミネート。第73回ベネチア国際映画祭にてエマ・ストーンが最優秀女優賞。第41回トロント国際映画祭にて観客賞受賞。第74回ゴールデングローブ賞作品賞(ミュージカル/コメディ部門)ほか、同賞の映画部門で史上最多の7部門を受賞しています。. Hulu(フールー)ではラ・ラ・ランドの動画が見放題!(字) ラ・ラ・ランド ラ ラ ランド あらすじ 夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。 ギャング ストーリー」()以来、実にこれが3度目の映画共演となります。ダンスや歌など多くの場面で、ぴったり息のあった演技を見せてくれました。また、本作は多くの脇役たちが出演しているものの、主演の二人以外はほとんど印象に残らない「二人だけの世界」を描いた映画です。 セバスチャン(ライアン・ゴズリング) いつの日か、ロサンゼルスで自前のジャズバー・レストランの経営を夢見る売れないジャズピアニスト。一番驚いたのは、普通に映画内でピアノを全編演奏していること。プロ根性を感じました。コメディからシリアスもの、SFまでこなせる多才ぶりですが、物凄い努力家でもあるんでしょうねぇ。現在上映中の「ナイス・ガイズ」も良いみたいですし、年末の「ブレードランナー」での演技も楽しみです。 ミア(エマ・ストーン) ハリウッド女優を夢見て、ロサンゼルスのハリウッド近くの喫茶店でバイトをしながらオーディションを受ける毎日。エマ・ストーンの場合は、どの作品もある程度エマ・ストーンにしか出せない「地」が出ますが、ひたむきでガッツもあり、コケティッシュで女性らしい愛嬌も兼ね備えたキャラは、ぴったりはまっていました。アカデミー主演女優賞を2回目のノミネートで見事受賞!まで28歳なのに凄い! キース(ジョン・レジェンド) 映画内でセバスチャンが参加するジャズバンド「Messengers」のバンドリーダーにしてメインVoを務めました。映画内で熱唱した、本人作の「START A FIRE」(サントラ収録)はかなりいい曲だったけどなぁ。彼の美声にかなり惹かれました。 ビル(J・K・シモンズ) 現在上映中の「ザ・コンサルタント」では退役寸前の気のいい軍人を演じましたが、年度のアカデミー助演男優賞を獲得した、チャゼル監督の前作「セッション」での迫真の鬼コーチぶりが強く印象に残っていました。そして、今作でも主人公の行く手を阻む「門番」的な役割です(笑)これは!と思い、J・K・シモンズがでてきたシーンは、主役そっちのけで表情を追ってしまいました(笑) スポンサーリンク. ラ・ラ・ランドのあらすじ オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。. 『ラ・ラ・ランド』をあらすじや小ネタ等を交えて徹底解説しました。完璧なハッピーエンドとは言い難いラストで賛否の議論を呼びましたが、間違いなく後世に残る名作として語り継がれるでしょう。一度観たよ、という方も、今回ご紹介させて頂いた、監督がインスピレーションを受けた作品を参考にしてもう一度観ると、監督がこの作品に込めたメッセージをより深く理解することができるでしょう。 また、『ラ・ラ・ランド』の公式サウンド・トラックは劇中で流れる”Mia & Sebastian’s Theme”など、印象的な音楽が多数収録されており、映画を観た後は欲しくなること間違いなしです!. ロサンゼルスのハイウェイは、今日も渋滞。ドライバー達は、カーステレオを聞いてましたが、一人の女性が外で歌い出したのをきっかけに、全員車から降り全員で踊りだします。(「ANOTHER DAY OF SUN」)地平線の先まで踊り続けまずが、全員車に戻り渋滞を再開します。プリウスの中にいたミアは、その日に行われる映画俳優のオーディションの練習(電話のシーン)を続けて、車を発進させないので、後ろにいたセバスチャンは、クラクションを鳴らしても、ミアは電話の練習で動こうとしません。仕方なく、セバスチャンは隣の車線から追い越すのでした。 ミアは、ハリウッド女優を目指して、ワーナー・ブラザーズの入居するビルのコーヒーショップでバイトをしながらオーディションに挑戦中でした。コーヒーショップには気前のいい女優たちも訪れ、その度にミアはいつの日か自分も. ロサンゼルスのハイウェイは、今日も渋滞中だった。ドライバー達は、車中で思い思いの曲を聞いていたが、一人の女性が外で歌い出したのをきっかけに、全員中から出てきて全員で踊りだしてしまう。(サントラ1「ANOTHER DAY OF SUN」) 踊りが終わると、全員車に戻って前進したが、プリウスの中にいたミア(エマ・ストーン)は、その日に行われる映画俳優のオーディションの練習(電話のシーン)に夢中で止まったままだった。ちょうど後ろにいたセバスチャン(ライアン・ゴズリング)は、クラクションを鳴らしたが、ミアは電話に夢中で前に出ようとしない。仕方なく、セバスチャンは隣の車線からイライラしながら追い越していった。 ミアは、現在ハリウッド女優を目指して、ワーナー・ブラザーズの入居するビルのコーヒーショップでバイトをしながらオーディションに挑戦中だ。コーヒーショップにはしょっちゅう俳優たちも訪れ、その度にミアはいつの日か自分も・・・と決意を新たにするのだった。 しかし、その日のオーディションは酷い出来だった。バイトを早上がりして急いでいた時に、シャツにコーヒーをかけられてしまい、それをジャケット.

二人の交際は順調だった。ミアは、セバスチャンの提案で脚本も自分で書くようになっていた。秋に、一人芝居の舞台を企画していたのだ。二人がデートする時は、セバスチャンが家の外でクラクションを鳴らすのが通例になっていた。 二人は、行きつけのジャズバー「LIGHTHOUSE」へ行き、セバスチャンはいつか自分のバーを持ち、経営したいと熱く夢を語った。話していると、セバスチャンは過去のジャズバンド仲間、キースから声を掛けられた。 新たにバンドを立ち上げるので、仲間にならないかと誘うキース。条件も良かったが、自分の夢にこだわるセバスチャンは一旦断った。ミアは、キースのために店名とロゴを(SEB&39;S)を提案したが、セバスチャンは「CHICKEN ON A STICK」という名前にこだわった。伝説のジャズ・ミュージシャン、チャーリー・パーカーが鶏肉が好きだったのでついたあだ名「バード」にちなんだ名前にしたいというのだ。 その夜、二人は「CITY OF STARS」(サントラ9)をデュエットで歌った。 翌日、ミアのためにも、セバスチャンはキースのバンド「メッセンジャーズ」に入ることを決めた。それはセ. 映画中、ライアン・ゴズリング扮するセバスチャンは、かなりの難易度なピアノソロをガンガン弾きこなしていました。演奏シーンが始まると「手だけ」フォーカスしたピアノ映像でつなぐのが、通例ですよね。(「のだめカンタービレ」の玉木宏とか「四月は君の嘘」の山崎賢人とか/笑) これは、ライアン・ゴズリングが本当に全部自分で弾きこなしているのだそうです。実際、彼の演奏シーンは全部「手だけ」のカットは一切ありません。物凄い超絶技巧シーンなどがありましたが、ロケ開始前に全て3ヶ月の猛特訓で覚えきったそうです。その間、全ての仕事を止めて執念で習得したライアン・ゴズリングのプロ意識には恐れ入りました。 ついでにいうと、エマ・ストーンの歌声も期待以上、物凄い上手だったというわけではありませんでしたが、それなりに普通に聴けるレベルでした。調べたら、年にブロードウェイの舞台「キャバレー」でデビューしていました。俳優になってからこちらも猛特訓したのでしょうね。ハリウッドの俳優は気合いも違います・・・。. ミアは、あるプールパーティで再びセバスチャンを見かけます。プールサイドのお遊びパーティバンドで、赤い服にキーボードギターで演奏中だったセバスチャン達に、「I RAN」をリクエストしました。演奏終了後、セバスチャンはミアに以前の無礼を謝りました。プロのミュージシャンに「I RAN」(のようなチャラチャラした曲)はNGだと言い張った。2人はあまり最悪の状況で、自己紹介するのでした。パーティの場で、ミアはうさんくさい脚本家に「3匹の小熊」に4匹目を出すんだと、話しかけられていました。ミアは、逃げ出すため、通りかかったセバスチャンと一緒に会場を出ます。 そのまま駐車場の夕焼けが見えるスペースまで移動して、二人は夜景見ながら「見慣れた風景」とけなしながら、靴を脱ぎ、タップシューズに履き替えて、会話と踊りを楽しみます。(「A LOVELY NIGHT」)踊り終わると、ミアのボーイフレンド、グレッグから電話がかかってきました。そして、近くにあったプリウスで帰るのでした。その後も、ナースや警察官など慣れない役のオーディションを受け続けるミアでしたが、相変わらずハリウッドのコーヒーショップで働いていました。 そこへ、ある日突然セバスチャンが尋ねてきました。バイトが終わった後、ハリウッドの界隈を散歩して歩く二人。ミアが叔母さんの影響でハリウッド女優を目指すことになったことや、セバスチャンが古き良きジャズが好きであることなどを話し、少しずつ打ち解けていきます。セバスチャンは、ジャズが好きではないと言うミアをジャズ・バーに連れていき、本物のジャズを聞かせてジャズの良さを語ります。(「HERMAN’S HABIT」) そして、翌週月曜日10時に、オーディションを突破して、学園モノ映画「OH」へ出演するミアのために映画に行こうと誘います。しかし、そのオーディションは最悪でした。顔も見られず、わずか1行セリフを読んだだけで落選します。失意で自宅へ帰ると、グレッグとその兄との会食の時間と、セバスチャンとの待ち合わせがダブルブッキングになってました。セバスチャンと連絡先を交わしていなかったので、そのまま会食へ出かけたが、どうしてもセバスチャンが気になったミアは、ニカラグアや中国の話しかしない兄の会食を抜け出してセバスチャンの待つ「リアルト」へ向かいます。 映画は既に始まってましたが、舞台の上か.



Phone:(346) 379-5335 x 4961

Email: info@hrpa.sarbk.ru